ジェイクがレゴになっちゃう短編【炎の海賊ブロック編】フック船長がイジーのアレを盗む?!

shizensaigai_funka

ジェイクがレゴになっちゃう5分ほどの短編は全部で8話あります。
残念ながら公式の画像は英語しかないので、hiromimiが実際に見て
セリフを拾いましたので動画と合わせてお楽しみくださいね♪
キャラのセリフとか世界観とか結構よくできていてとても面白いです。
子どもたちがもっとジェイク見たい~と言った時に
「じゃあブロックのお話し1つだけね!(5分)」というと納得してくれるので助かります。

下記をクリックすると好きな項目へ移動します

ジェイクとだいかいぞくのたから

スポンサーリンク

森の中を走るジェイク達

スカリー「ho!ho!!」
ジェイク「ヨーホー!!」
スカリー「レッツゴー!」

”ゲェ~~~ッッ”

イジー「ジェイク!やだー。」
ジェイク「僕じゃないよ。イジー。ゲップ山のゲップだ。ほら見て!」

”ゲェ~~~ッッ”

カビー「僕たちが探している海賊ブロックは本当にゲップ山の中にあるの?」
ジェイク「大丈夫だよ。落ち着いて進めば危ない所はないから。」
スカリー「火山の岩が飛んでくるぞ!」

わぁ~~~~!!!!(逃げるジェイク達)

途中木を間を通り抜けた時に木が倒れ、隠れていたフック船長とスミーが現れる。

フック船長「頭にくるお子様かいぞくめ!!」
スミー「海賊ブロックを探して楽しく走り回ってるんでしょう。」
フック船長「だが俺が先に手に入れてやる。やつらを追いかけるぞ!」
プカプカ岩の谷に近づくジェイク達。
フック船長「急げ、スミー!こっちだぞ!!」

ジェイク達「フック船長?!」
スカリー「急いだ方がいいぞ!」
ジェイク「大丈夫。僕に任せて!」

プカプカ岩のブロックを集めて大きな岩にしたジェイク。
全員で岩に乗り対岸へ。

フック船長とスミーは小さな岩に乗るがバランスを崩し谷に落ちそうになり
フック船長の手の先のプロペラで空を飛び脱出。
ゲップ山の頂上を目指して登っていくジェイク達。
スカリー「海賊ブロックはここら辺にはないみたいだな。」

空飛ぶフック船長とスミーが現れる。

フック船長「あっはー!!お前たちには海賊ブロックは渡さない!ちょっとちょっと大変だぞー!」

イジー「やだ!私のセリフを取られた!!」

フック船長「俺はフック船長。なんでも盗むのさ。あー!こら!!(足元の岩を蹴る)」

カビー「あーー!!ココナッツ!がけ崩れだ!」
ジェイク「イジー!」
イジー「このままじゃ大変だよね。妖精の粉、いくよー!」

フック船長「俺は忙しいんだ!あっちいけ!海賊ブロックはどこにある?!」

ゲップ山が噴火し煙と岩が出てくる

ジェイク「ねえ、みんな見て!あそこだよ!!ゲップ山の海賊ブロックがあった」

剣でブロックを持ち上げるジェイク
ジェイク「やったね!」
フック船長「残念だったな。・・・あちっ!!」

ジェイクからブロックを奪ったが熱くて思わず手を離してしまうフック船長。

剣で再びブロックを拾い上げるジェイク。
ジェイク「もう一度、やったね!じゃあね。フック船長!」

フック船長「俺は諦めないからな!お子様かいぞく!」

飛んできた岩にプロペラの手の先を飛ばされてしまい空から落ちてしまうフック船長。

フック船長・スミー「あ”~~~~~~!!!!!」

フック船長「何をしているスミー。早く岩から降ろさんか!」
スミー「あー・・・フック船長、それ岩じゃないですよ。」

なんと岩だと思っていたのはワニでした。
ワニに追いかけられ慌てて逃げるフック船長とスミー。

フック船長・スミー「あ”~~~~~~!!!!!」

関連動画

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

hiromimi

2児の母hiromimiと申します。 関西の田舎でのんびり、 家の中では喧騒に包まれて暮らしています。 子どもたちが大好きなソフィアとジェイク。 気が付いたら私も大好きになっていました。 特にジェイクがマイナーなので、ファンが増えるといいなと日々願っています♪