ジェイクがレゴになっちゃう短編【ネプチューンの海賊ブロック編】スカリーの表情に注目!!

arashi

ジェイクがレゴになっちゃう5分ほどの短編は全部で8話あります。
残念ながら公式の画像は英語しかないので、hiromimiが実際に見て
セリフを拾いましたので動画と合わせてお楽しみくださいね♪
キャラのセリフとか世界観とか結構よくできていてとても面白いです。
子どもたちがもっとジェイク見たい~と言った時に
「じゃあブロックのお話し1つだけね!(5分)」というと納得してくれるので助かります。

下記をクリックすると好きな項目へ移動します

ジェイクとだいかいぞくのたから

スポンサーリンク

嵐の中を進むバッキー。

ジェイク「大波が来るぞ!!」
カビー「あ~あ~あ~~~!!!これじゃあ海の王ネプチューンの海賊ブロックを取りに行くのは無理だよ。ひどい嵐だもん!」
ジェイク「ああーーっ!!」
イジー「ちょっと、どうする?!」
スカリー「宝物の岩を探すのは諦めた方がいいんじゃないのか?天気予報は沈没する確率100%!!!」
ジェイク「ごめんね。スカリー。海賊ブロックをどうしても8個全部集めたいんだ。大海賊の宝を手に入れるんだよ。フックも狙っているみたいだしね。」

嵐の中、小舟で進むフック船長とスミー。
フック船長「スピードをあげろ!ミスタースミー!!せっせと漕げ」
スミー「はい。せっせと漕いでます!船長」
フック船長「ああ、もういい!代われ!!」
手の先のプロペラを使い、一気にスピードをあげるフック船長。

フック船長「先に行かせてもらうぞ!」
大きな波に乗るバッキー。
ジェイク「うわ~~!!」

ジェイク達「いけー!!バッキーいけーー!!!」

スピードを上げたバッキーの水しぶきにあおられて足止めされるフック船長達。

スミー「あらまー。海賊ブロックは全部取られそうですね。」
フック船長「そんなことはない!こっちには武器があるんだ。あいつらの船をバラバラにしてやる!
攻撃を軽快によけるバッキー。
ジェイク「無理だよ。フック船長。バッキーは素早いから当たらない!!」

しかし運悪く船の先端に大砲が当たってしまい一部砕けてしまう。

イジー「ヨーホー!大変!!沈んじゃう!宝の岩まであと少しだったのに」
フック船長「よしやったぞ!これであいつらに邪魔されずにブロックを手に入れられる!宝の岩に行け!!」

フック船長「何か光っているようだぞ?!」
ジェイク「みんな、ブロックを持って!バッキーを直すんだ!!」
急いでバッキーの修理をするジェイク達。
スカリー「おっと!欲張り船長が宝の岩に行くぞ!」
ジェイク「フック船長を追いかけたいけどブロックがもうない!」
カビー「もうダメだ!このままじゃ沈んじゃう!」
ジェイク「諦めないで!カビー。あれを見て!!」

ジェイク達「ネプチューンの海賊ブロックだ!!!」
フック船長「嵐のせいで上手く取れない。」
ジェイクが釣り竿でブロックを釣り上げる。

ジェイク「船を修理するのにぴったりのブロックだね!」

ネプチューンの海賊ブロックをバッキーの先端に取り付けるジェイク。

ジェイク「もう大丈夫だよ!バッキー。」
フック船長「そのブロックは俺のものだぞ!絶対に手に入れてやる!!」

再び大砲を発射するフック船長。
スカリー「みんな、あぶない!!」

ネプチューンの海賊ブロックの力でバリアができ、弾ははじかれてしまう。

ジェイク「すごいよ!バッキーにバリアができた!!」
フック船長「スミー!向きを変えろ!!ああーーー!!!」
(退散するフック船長達)

ジェイク「やったね!バッキー!!」
イジー「私たちもよくやったよね!海賊ブロックを見つけて、バッキーを助けて。」
スカリー「いじわる船長を追い払った。かいぞくらしい大活躍だったよ!!」

 

関連動画

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

hiromimi

2児の母hiromimiです。 関西の田舎でのんびり、 家の中では喧騒に包まれて暮らしています。 子どもたちが大好きなソフィアとジェイク。 気が付いたら私も大好きになっていました。 特にジェイクがマイナーなので、ファンが増えるといいなと日々願っています♪