ジェイクとネバーランドのかいぞくたち第1話のあらすじ&内容紹介「かくれがをかくせ!」「にげるかいがら」

kaigara_togetoge

スポンサーリンク

あらすじ以外の記事にはネタバレが含まれています。これから作品を見るのを楽しみにしている方は閲覧にご注意ください。

かくれがをかくせ!

あらすじ

ジェイク達が住むかいぞく島にフック船長とスミーがやってきた。かいぞく島にジェイク達の隠れ家があると睨んだフック船長は見つけて隠れ家を自分のものにしようと企んでいます。
ジェイク達は慌てて隠れ家の中に入り、色んなスイッチやレバーを使い隠れ家を見事に島の中に隠してしまいました。
探してもなかなか見つからないのにフック船長とスミーは諦めません。しつこく探す二人は徐々に隠れ家の秘密に近づいていきます。ジェイク達は一生懸命考えて力を合わせ、フック船長とスミーを追い払うのに成功したのでした。

内容紹介(ネタバレ含む)

浜辺で砂のお城を作って遊んでいるジェイク達。

すぐそばでフック船長が悪だくみをしています。かいぞく島にあるジェイク達の隠れ家を探して、横取りしようとしているのです。

フック船長の企みに気付いたジェイク達は急いで隠れ家を隠しにいきます。

隠れ家の入り口はティキの像にある舌がレバーになっていて下に下げると扉が開きます。ジェイク達は急いで隠れ家の中に入り、レバーなどを操作して外に出ていた部分を全部隠してしまいました。浜辺を掘り返したり、あちこち探しているフック船長とミスタースミー。でも隠れ家はなかなか見つかりません。

ティキの像に寄りかかって一休み。スミーを喋っている間に何度も入り口が開閉しているのにフック船長は気付きません。ジェイク達はほっとするとともに、フック船長が気付かない様子がおかしくて仕方ありません。

ついに山を登り始めたフック船長とスミー。まだ開けっ放しにしてあった場所に気付きジェイク達は焦ります。

サルが騒いでいる真似をしてフック船長とスミーの気をそらしている間に隠すことができました。それでも近づいてくる2人に水大砲をおみまいします。水の勢いに乗って偶然隠れ家の中に侵入したフック船長。でも勢いよく外に飛び出して海に放り出されました。

今度は隠れ家の扉を見つけて力づくで開けようとします。このままでは扉が破られてしまうと思ったジェイク達は妖精の粉を使います。カビーがハエのようにフック船長の周りを飛び気をそらせます。追い払おうとしたフック船長はまたもや隠れ家の中に入ってしまいますがジェットコースター並みのスリルを体験してまた海に放り出されます。どさくさに紛れて隠れ家に侵入したこと、フック船長はどうも分からなかったようです。

服も濡れてしまい、寒くなったフック船長にスミーは「隠れ家さがしは別の日にしましょうや」と諭します。

隠れ家が見つかりそうになりましたが、ジェイク達は力を合わせてピンチを乗り切りました♪

獲得金貨

・ジェイク2枚・カビー3枚(フック船長達が来る前に隠れ家を隠した)
・イジー2枚(隠れ家の入り口に近づくフック船長達をサルの真似をして気をそらせた)
・スカリー3枚(妖精の粉でカビーが空を飛び、扉を力ずくで開けようとするフック船長の気をそらせた)

合計8枚の金貨を手に入れました

エピローグ

2度も海に放り出されてすっかり体が冷えてしまったフック船長。ジョリーロジャー号でスミーが作ったチキンヌードルスープを飲んで温まっていましたが、大きなくしゃみで台無しに・・・

hiromimiの感想(ネタバレ含む)

記念すべき、ジェイク第1話のお話しです。1話と言ってもすでにフック船長とも知り合いだし、仲間も揃っているし、いざスタート!!というよりは日常の出来事のような印象を受けます。

冒頭より早速フック船長が登場します。「お子様かいぞくの隠れ家を見つけて俺のものにするんだ!」

悪い!悪いです。でも残忍な雰囲気は一切ありません。隠れ家を探し疲れて一休みした時に偶然にも開いた隠れ家の扉。フック船長もスミーも一切気付く気配なし(笑)この描写がコミカルで笑えます。第1話からフック船長の天然ぶりが光っていました。

ひとつ気になったのはスミーのキャラクターがまだ定まっていない印象を受けました。

「船長に付いていくために来たんですぜ」「隠れ家探しはまた別の日にしましょうや」など・・・
この喋り方は初期でしか聞けません。

また最後に出てくる「チキンヌードルスープ」とても美味しそうです。ただ、今後出てくるスミーの料理は「食べれないものが入っている料理」や「くさいタラのスープ」など・・・お世辞も言えないぐらい微妙です。この第1話の美味しそうなチキンヌードルスープは果たしてスミー作なのか、違うのか・・・。謎です(笑)

にげるかいがら

スポンサーリンク

あらすじ

海賊島の浜辺でイジーはピンク色で淡い紫の水玉模様をしたきれいな貝殻を見つける。「私の貝殻コレクションに加えよう!」と大喜び。しかし望遠鏡でイジーの貝殻を見たフック船長に奪われてしまう。ジェイク達は急いで追いかけるがフック船長は返してくれない。
すると不思議な事に、フック船長の貝殻コレクションの棚から貝殻がいつの間にか消えてしまう。
ジェイク達とフック船長と貝殻の追いかけっこが始まった。果たして貝殻の行方は・・・?

内容紹介(ネタバレ含む)

浜辺できれいな貝殻を見つけたイジー。でも早速フック船長に奪われてしまいます。

「もう2度と見ることはないだろう。この貝殻にさようならするんだな。」
「ひとの宝を持ち逃げするのはいい気分だ。」フック船長絶好調ですね。

でも調子が良かったのはそこまで。気が付くと貝殻コレクションの棚に置いていた貝殻がなくなっています。
小さな板に乗って海に浮かんでいるではありませんか。

フック船長の船「ジョリーロジャー号」とジェイク達の船「バッキー」が貝殻を追います。一生懸命追いかける内にいつの間にか船はゴツゴツ岩の海に。岩にぶつかりそうになったジェイクは「止まれ、バッキー!止まれ!!!」と叫びます。

急停車するバッキー!これ以上進めないジェイク達のためにバッキーはゴムボートを出してくれます。

浜辺に流れ着いた貝殻を追いかけて、今度こそ見つけた!・・・と思ったらまたいない。次は断崖絶壁に。次はたくさんの貝殻の中に紛れてしまいます。その貝殻の中から見つけ出したイジー。フック船長が奪いますが、最後は妖精の粉で空を飛び取り返します。

イジーが貝殻にくすぐられて思わず笑ってしまいます。なんと逃げる貝殻の正体は「やどかり」でした。イジーはかいぞく島に連れて帰り逃がしてやりました。このやどかりさん、今後の話にも何回か登場します。お楽しみに。

獲得金貨

・カビー3枚(地図を丸めてメガホンのように使い、フック船長に声を届けることができた)
・ジェイク3枚(力を合わせてゴムボートを漕ぎ、フック船長達を追い越した)
・イジー3枚(たくさんの似たような貝殻の中から探している貝殻を見つけた)

合計9枚の金貨を手に入れました

エピローグ

船長はイジーと貝殻を取り合った際に持って来ていたコレクション棚をひっくり返してしまい、コレクションしていた貝殻がたくさんの貝殻の中に紛れてしまいます。全て探すんだとスミーに命令するフック船長。手前の岩で楽器を持ってフック船長の心情を歌う海賊が2人。この時は特に紹介されていませんがフック船長の部下、シャーキー(がっちり体型)とボーンズ(細身)です。

hiromimiの感想(ネタバレ含む)

ジェイク達の船、バッキーが初登場!喋りはしませんが鐘で相槌をうったりジェイク達と意思疎通しています。

「止まれ!!!」という掛け声で急停車もします。ミラクルです。船というよりは完全に仲間ですね。岩でこれ以上進めないジェイク達のためにバッキーはゴムボートを出してくれます。(これも急に出てくるから驚き)

とにかくバッキーはすごい!!!

水玉模様の貝殻、可愛いですよね。やどかりさんが住んでいなければ私も欲しかったです(笑)

動画

ここまで文章で解説させていただきましたが「第1話」は1話まるごと動画でご覧いただけます。ぜひ一度お試しくださいね。

まとめ(見どころ)

・ジェイク達の隠れ家は海賊島の中に完全に隠すことができる。
・スミーのキャラクターがまだ定まっていない印象。喋り方や料理の腕に今後注目。
・ジェイク達と意思疎通ができる船「バッキー」ジェイクの指示で止まったり、ゴムボートを出してくれたりすごい能力を持っている。
・にげていた貝殻の正体はやどかり。今後も「スナッピー」として何回か登場します。
・歌のみですがシャーキーとボーンズが初登場。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

hiromimi

2児の母hiromimiです。 関西の田舎でのんびり、 家の中では喧騒に包まれて暮らしています。 子どもたちが大好きなソフィアとジェイク。 気が付いたら私も大好きになっていました。 特にジェイクがマイナーなので、ファンが増えるといいなと日々願っています♪